ニキビができにくくなる化粧品を使えば肌に自信が持てる

  1. ホーム
  2. 乾燥は大敵です

乾燥は大敵です

鏡を見る人

正しい方法で保湿力アップ

大人になってからできるニキビは化粧水で対処することもできます。ニキビには食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなども関係しています。その場合は生活習慣の改善が必要ですが、肌の乾燥や肌が清潔に保たれていないなどの理由でニキビができる場合もあります。その場合には化粧水はとても有効です。肌の水分と油分のバランスがくずれている場合が多いため、油分を抑えるビタミンC誘導体が含まれる化粧水を選びましょう。また、グリチルリチン酸という成分も有効です。これは炎症を抑える働きがあり、刺激も少なめなので大人ニキビの拡散を防ぎます。また、オイルはニキビを増殖させる原因になるので含まれていないものを選びましょう。同様にアルコールも無添加のものを選んだ方が良いです。アルコールは皮膚表面の水分を奪う作用があり乾燥の原因になるのでニキビ予防には向きません。これらに注意して化粧水を選んだら、洗顔後に優しく肌に塗りましょう。ちなみに洗顔時には肌への刺激を抑えるためにたっぷりと泡立てた泡で優しくマッサージするように洗顔しましょう。そしてしっかりとすすぐのが重要です。洗顔の後で化粧水を馴染ませましょう。まず化粧水はコットンに染み込ませて使うのではなく、手で肌に広げましょう。手の熱が化粧水に伝わり、より深く浸透します。目元や口元など乾燥しやすい場所は特に念入りに行いましょう。充分に馴染ませたらタオルで余分な化粧水をふき取り、完了です。さらにこの後に乳液やクリームで保湿力を高めると、より効果的でしょう。