ニキビができにくくなる化粧品を使えば肌に自信が持てる

  1. ホーム
  2. 肌バリアを保って健康素肌

肌バリアを保って健康素肌

婦人

保水が基本

肌トラブルを抑えて健康な素肌を手に入れるためにも、適切な洗顔をはじめ、化粧水や美容液などの基礎化粧品を使った保水ケアが重要です。化粧水をつける前に洗顔を行いますが、ここで大切なことは、洗顔石鹸などをしっかり泡立てることです。少ない泡では手で直接表皮を擦ることになり、肌荒れを呼び起こす原因になります。特にニキビがある場合は泡立てネットを確実に使い、弾力のある泡で、摩擦しないようにソフトに洗いましょう。その後、泡を洗い流す時は常温水やぬるま湯を使い、冷たい水や熱いお湯は控えます。冷水は肌荒れを招き、熱いお湯では皮脂が溶けて過剰に流失してしまい、肌バリアの低下につながるのです。さらに皮脂を落とし切った場合はそれを回復させようと、皮脂腺から多量の皮脂が分泌されるようになり、オイリー肌を招く原因にもなります。同様に、強力なクレンジング剤は肌バリアごと根こそぎ落とすことがあるうえ、ニキビにも負担が掛かりますから、その使用は控えた方が良いでしょう。ですから、もしもニキビを治したい場合は、ミネラルファンデーションなど、石鹸だけで落とせる化粧品を使うことが得策です。そして、洗顔が終わりましたら、次に化粧水をつけますが、その際は商品で指定されている規定量を使いましょう。少な過ぎては保水効果が弱く、多過ぎても素肌が吸収できずに無駄になります。また、強く擦ったり激しくパッティングすることは肌を傷めますので、優しくつけることが基本です。化粧水をつけ終えましたら、美容液を使って表皮をコートするように、化粧水の水分を皮膚内に閉じ込めましょう。適切に保湿すれば素肌は次第に健康になり、肌バリアによってニキビや肌荒れも防げるようになりますから、毎日続けてみてください。